0からわかる射出成形 プラスチックものづくりのサイトです  
0からわかるプラスチック プラスチック ものづくり 会社情報 リンク ご質問
 
0からわかる
プラスチック


プラスチックとは?

製品を作るには?

射出成形って何?

製品が出来る
まで


プラスチックの性質

材料とは?

色々な材料(分類)

金型とは?


金型の動き

射出成形機とは?

2次加工
 
金型とは?


↑金型を閉じた状態 

↑金型を開けた状態
 

 金型とは、プラスチック製品を作る上で最も重要な役割を果たしています。
 
 それは、必要とする製品に合わせてそのたびに金型が製作されるからです。
 同じ用途・同じ形状のプラスチック製品を作ろうと思っても、「金型の設計・製作方法」を変えるだけで、
金型費用・製品の品質・量産のしやすさ」など様々な点で異なってきます。

 たとえば、長い期間にわたってたくさんの数を量産しようとするなら、耐久性のある金型にしなければなりませんし、
1時間あたりに生産できる数を増やしたいなら、1度に多数とれるような金型設計にする必要があります。
 

金型の構造(図解)



  ○金型を上から見た図

↓各部をクリックすると説明が出てきます
可動側取付板 固定側取付板
スペーサープレート 受板 可動側型板 固定側型板
突出板下 突出板上 リターンピン
エジェクターピン
ロケートリング
リターンピン
スペーサープレート


  ○金型を斜めから見た図
可動側 固定側


 ↑上に戻る ホームへ戻る   次のページ→