0からわかる射出成形 プラスチックものづくりのサイトです  
0からわかるプラスチック プラスチック ものづくり 会社情報 リンク ご質問
 
0からわかる
プラスチック


プラスチックとは?

製品を作るには?

射出成形って何?

製品が出来る
まで


プラスチックの性質

材料とは?

色々な材料(分類)

金型とは?


金型の動き

射出成形機とは?

2次加工
 
プラスチック製品を作るには?
(射出成形法)

プラスチック製品を作る為には、3つの大きな要素を必要とします。

  材料   金型   成形機械  


 この材料・金型・成形機械の3つの要素の組み合わせを変えることによって、
 色やかたち、大きさといった見た目の違いから、熱に強い・電気を通さないといった性質の違いに至るまで、無限に近い変化をプラスチックにあたえることが出来ます。

 このプラスチック製品を作るために必要な3つの要素は、ちょうどチョコレート作りにたとえてみるとわかりやすいかもしれません。


  チョコレート作り   プラスチック製品

@チョコレートを
湯せんで溶かします。(ここではホワイトチョコレートを使用)
 
チョコレートがプラスチックの材料にあたります。

A溶かしたチョコレートを色々な形をした型に流し込みます。
 
チョコレートを流し込んだ型にあたるのが、プラスチックの金型にあたります。

B型に流し込んだチョコレートを冷やして固めます。
 
チョコレートを溶かし、型に流し込む役割をするのが成形機械にあたります。また型から取り出す役目もしています。

C型から取り出して完成です。型と同じ形状のチョコレートが出来ます。
 
材料を変えたり型の形を変えることで、色々なプラスチック製品を作ることが出来ます。
     




 ↑上に戻る ホームへ戻る   次のページ→